真栄の火の見やぐら

真栄の火の見やぐら

昭和42年(1967年)の頃の真栄の火の見やぐらです。今の真栄三角点辺りに建っていました。真栄農事組合が建設し、木造が鉄骨になり、昭和63年(1988年)までありました。山火事や原っぱの様子を見ていました。