足踏み脱穀機(だっこくき)

足踏み脱穀機

明治の末期に考えられた脱穀機です。北海道では大正時代に広まり、各地で工夫・改良されました。動力用脱穀機のさきがけとなりました。