フラフープ

フラフープ

プラスチック製などの素材で作られた輪(フープ)を、腰などを振って廻す遊びがはやったのは、昭和33年頃。フラダンスのように腰を動かしてフープを回すのでフラフープといわれました。