ゴミの従量制

ゴミの従量制

オルゴールを鳴らしたごみ収集車がやって来ると、住民はごみとキップを持って収集車のところへ集まってきます。そしてそれをごみ収集の人に渡しました。当時ごみ処理は有料で、手数料のキップ(手数料としてごみ20ℓにつき10円)をお店や役所で買っていました。